予算内で故人を送りたい人向けの家族葬や式の種類

特別なプランが用意されている

葬儀で最も人気があるのは家族葬です。費用面だけでなく、数々の魅力を持ち合わせているでしょう。下記で詳しくご紹介します。

葬式のプランで人気の家族葬の魅力

準備などの手間がかからない

参列者もいないため、準備にかかる手間をカットすることが可能です。弔問客への対応も自然と少なくなるでしょう。身内で行なうので、他に気を遣う必要はありません。

故人の思いが反映されている

家族葬をしてほしいと遺言書に書かれている場合の多くは、自分を大事に思ってくれている家族に送ってもらいたいという願いが強いようです。あるいは、葬儀の様々な面倒から解放させるためにあえて、家族葬を選んでいる可能性もあります。

アットホームな式にできる

家族でよくいった飲食店を訪れていた料理をテイクアウトし、家族葬をするところもあります。家族だけなので、マナーやルールはほとんど機能していません。故人のことだけを考えた式ですから、アットホームな雰囲気になるのは当然です。

ゆっくりとお別れができる

参列者がいると、対応に追われるため故人とゆっくりお別れすることができません。家族葬の場合、そういったことがほとんどないので、火葬場に行くまで故人とじっくり寄り添うことができます。

予算内で故人を送りたい人向けの家族葬や式の種類

線香

会員登録でさらに安くなる!

一般的なプランよりも安くなる家族葬ですが、葬儀社のサイトに会員登録をしていただくと、さらに割り引かれるので半額近い料金で葬儀をすることができます。生前予約や事前見積もりをしているので、家族葬にしてもらいたい場合は藤井寺や世田谷の葬儀社に相談をしてみましょう。

家族葬以外にも希望に合わせたプランがいっぱい!

祭壇や御棺、写真、ドライアイス、跡飾りや礼状などが付いたプランがあります。盛大に行いたい場合に選ばれているでしょう。税抜きで20万円から25万円前後のプランです。一方、ルールがなく自由なスタイルで葬儀を執り行いたい場合のプランも一押しです。故人が好きだった花を祭壇に飾れる点が特徴で、とても華やかです。

葬儀の基本の流れ

病院で亡くなった場合は、その場で死亡診断書を受け取ります。病院と提携している葬儀社を利用するか、それとも自分たちで探すかを決めます。また、病院以外で亡くなった場合は、警察の指示に従い死体検案書の受け取りを行ないます。遺体は自宅に搬送され、戻る場所がない時は斎場にいくか、もしくは霊安室に安置されます。自宅に到着後、ご遺体を布団に安置して葬儀社がドライアイスでの処置をします。その後、弔問や焼香を行ない、葬儀に関する打ち合わせを行ないます。知人や友人への通知はその後となります。そして葬儀を執り行います。

通夜と葬儀のマナー

僧侶が到着したら茶菓子を振舞います。家族葬の場合は、弔問に訪れたお客さんの受付を通夜を開始する前に始めます。また、通夜が始まる10分~15分前までに着席するようにしてくださいね。もし親族がいる場合は、通夜ぶるまいを忘れずに行ってください。通夜に参加して頂いたお礼、生前の感謝などの気持ちを伝えるために必要なことです。ビールやお酒、刺身といったシンプルなものを振舞ってもいいでしょう。食事の代わりに、お車代やお膳料を包んでもいいです。

葬儀社の種類を比較してみた

病院や警察署から紹介される葬儀社

近年は、病院と警察署からの紹介で決めることは少ないです。しかし、出入りするために葬儀社は多額の費用を使っているため、紹介を受けた葬儀社は高額になります。

地元の葬儀社

依頼者の目線に立ち、仕事をするのが地元に特化した葬儀社です。老舗葬儀社の場合料金が高くなる傾向にあるため敬遠されるイメージもありました。ただ、式に対する考え方がしっかりしており、且つ故人や家族を思った式を提案してくれるので、その辺は地元ならではといえます。