葬儀や供養の仕方もそれぞれ

葬儀といえば、生前お世話になった知人や友人が多く参列し、最後のお別れをするのが一般的です。また最近は予算を低く抑えるために小規模葬儀が埼玉や川口で広く行われています。家族葬がそうでしょう。しかし、料金が安くても心のこもった式を提案することに重点を置いているので、とてもいい式になるはずです。一方で、葬儀の後故人の遺骨をお墓に納めるか、それとも散骨にするか、迷われる方もいます。

散骨を希望される人が多くなった理由とはいかに

花

海以外にも散骨できる場所はあるのか?

散骨の場合、海以外に山などの自然へ散骨することも可能ですが、許可がないと難しいです。そのため、特別なルールが設けられていない海へ散骨する人が今増加傾向にあります。もし神奈川の海で散骨したい場合は、プランをチェックしてみましょう。

お坊さん

気になるプラン内容と料金

特別プランの場合だと、約30万円程で海に散骨することができます。基本プランの場合は、20万円前後で可能となり、お彼岸や年祭の時に利用されています。

葬式

散骨の主な流れ

葬儀の後に問い合わせをして頂き、散骨の方法と当日の流れなどを専門のスタッフが説明します。遺骨の一部を手元に残しておきたいという希望があれば必ず申し出ましょう。一部の遺骨だけ散骨することも可能です。不明な点があると、安心して散骨できないので何度も相談することが重要ですよ。スタッフも嫌な顔をせずしっかり対応してくれます。話し合いの後、散骨する日を詳しく決めていきます。スケジュールは依頼者に合わせる形になるので、可能な日をピックアップしましょう。散骨する日が決まったら、海にまくために遺骨をパウダー状にする処理を施します。そのための配送手配は自分で行なうケースもあります。遺骨をもって専門業者が用意した船へ乗り込みます。冬の海上はとても冷えるので、防寒対策を忘れずに行ってくださいね。また、天候や海の状態によって散骨する日が変わる可能性もあります。その際は、事前にお知らせをし、スケジュールを立て直します。

散骨VSお墓結局どっちがいいの?

お墓に埋葬する場合多額のお金が必要になる

お墓購入だけでも約100万円はするので結構大変です。その後の管理も重要でしょう。所有すると考えたらこれから生まれてくる子孫へと語り継がれることになります。しかし、納骨堂で遺骨の保管することもできるので、今はこっちが主流かもしれません。

散骨の場合は色々な負担がなくなる

数万円から散骨が可能で、お墓を購入する必要がなくなります。故人が生前、お墓の管理をなくすために自ら散骨を選ばれる場合も増えています。もちろん、お墓は存在しないので維持費もかからないでしょう。

どちらもデメリットがある

お墓の場合は、維持費がかかり管理も面倒というデメリットがあります。散骨も、高齢の方の場合、足腰が悪く散骨する場面に立ち会えないかもしれません。これらを考慮して方法を決める必要があるでしょう。

[PR]
葬儀なら埼玉のプロに頼む
電話一本で駆け付けてくれる